院内クリーニングを仕事にしたい方へ

ホーム > 院内クリーニングを仕事にしたい方へ

自分でも好きで、何よりお客様に喜ばれる。
そんな仕事を求めている方、お話ししましょう。

「胸を張れる仕事をしていますか」

清掃というと、何を思い浮かべますか。

キツイ、汚い、カッコ悪い……
清掃業は、いわゆる3K仕事のひとつだという認識が
まだまだ今の社会にはあるかもしれません。

けれど、近頃あえて「やりがい」を探して
積極的に身体を使う仕事に飛び込む若者も増えています。

私は断言します。

「この仕事を誰より好きです。楽しいし、やりがいがあります。
お客様に喜んでいただけるこの仕事に、誇りを持っています」と。

それは、この仕事が「裏表のない仕事」だからかもしれません。
 甘い考えで取り組むと、一目瞭然。結果に表れます。
プライドを持って取り組めば結果が正直に出ます。
そして「きれいになった!」と喜んでもらえます。

一生をかける仕事かどうか。その判断基準はいろいろあるでしょう。

あえて言うなら
「本気で追及する気があるなら、今までにないレベルに高められる」
「世の中のイメージを変える力がある」
「〝プロフェッショナルとは何か〟を追求すると、どんどんやりがいと価値が高まる」
そう言う職業です。

私自身「職人」か、「サービス業」か・・・
そのあいまいさを含んだ職業だと言う気持ちはありましたが、
それは〝取り組み方〟でどちらにでもなる。
今はそう思っています。

本物の職人
マネのできないプロフェッショナル

そこを追求する事こそ、仕事。

好きだから、ただ一筋に続けてきました。

過去の価値観を変える程のレベルとモチベーションを持ち、やって行く事ができる仕事です。

イメージを刷新できます!

楽しみながら、共に究めてみませんか。

「そんな仕事を一緒に取組んでみたい」という方、一度お会いしませんか。

「技術やノウハウを教えます」「連絡いただければ詳しい条件をお話します」「今すぐ雇用します」いう意味ではありません。

まずは

お会いして、お話して、一人ずつでも「同志」を増やしていきたい。

そう願っています。

もし、共感していただけたら
そしてもし、こんな職人の話を聞いてみたいという方がおられたら
ぜひお気軽に、お問い合わせください。

清掃の経験がある方に限りません。
自分に胸を張れる仕事、がんばれる仕事をしたい方、
お互いの思いをまず共有するところから始められたら幸せです。
お待ちしています。